ベビーシッターの仕事内容

ベビーシッターには特別な資格は必要ありません。

保育士とは異なって専門学校の卒業資格を必要とする職業でもありません。

自称で名乗って仕事をすることは可能です。



ですが全国保育サービス協会の「認定ベビーシッター資格」というものが存在します。


これをあらかじめ取得しているほうが圧倒的に仕事は探しやすくなります。


正社員の求人はあまり多くなく、大半はアルバイトや契約社員になります。

まずはベビーシッターを派遣する会社に応募し、自分の希望条件を伝えスタッフとして登録します。

その後会社から紹介を受けて、お客さんの家庭に向かう形で働くことになります。

働く女性が多い昨今、ベビーシッターのニーズは高まりつつあります。

大切なのことは子どもが好きで同時に責任を持って子どもを守ることができるのが絶対の条件です。

個性豊かな子どもと接することになるため、明るく、優しく、親しみが持てる人でないといけません。



子育てやペット飼った経験についても聞かれることもあります。

子どもにとって有害であるタバコを吸う人は好まれません。


共働きの家庭が増えているにもかかわらず、都市部では保育園や幼稚園不足の待機児童問題はまだまだ解決されていません。


整った環境で子どもを安心して預けることができるベビーシッター需要は増加しています。



幼児教育に力を入れている保護者もいるので、面倒を見てくれる英語や歌などのレクリエーションができると喜ばれると思います。