ベビーシッターの認定資格の重要性とは

保育所や託児所、さらにはそこで働く保育士が不足することで、幼児教育を受けることができない、いわゆる待機児童が年々増加しており、多くの子供たちが困っています。


少子高齢化と言われながら、こういった状況が引き起こされた背景には、女性の社会進出が急速に進んでいったこと、大都市圏を中心に核家族化が浸透してきたことが上げられます。

もちろん、行政はこの事態を重く受け止め、保育所や託児所の建設や誘致を急いでいますが、すぐに解決できる問題ではないため、ベビーシッターの斡旋情報なども希望者に提供しています。



ここ数年で急速に増えてきたベビーシッター斡旋会社ですが、そこには保育施設を必要としないことから、設備投資にかかる経費がかからない、保育士や幼稚園教諭のような国家資格が存在しないので求人を集めやすいといった事情があります、しかしながら、一部では利用者との間にトラブルが発生し報道されたこともありますから、ベビーシッターの育成が課題となっています。



公益社団法人全国保育サービス協会は、各種研修会を開催したり、認定制度を設けることによってベビーシッターの育成に努め、利用者が安心して子供たちを安心して預けられる環境づくりに寄与しています。

協会が実施する認定制度に合格した者は、名簿に登録されますので、自治体によってはこの名簿に基づき、ベビーシッターを紹介していますので、信頼度は非常に高いことが窺われます。



子供たちを預けることは、両親にとっても子供たちにとっても重要な問題ですからしっかりと情報収集した上で依頼したいものです。