ベビーシッターに求められるもの

共働きやシングルマザーなど、子どもを持つ家庭のあり方も様々な現代、保育の環境もいろいろあります。保育園や幼稚園の待機児童問題も、よくニュースで取り沙汰されていますが、預けたくても預ける場所がないという問題は働く親にとって深刻です。そんな中、需要が増えているのが、ベビーシッターです。

ベビーシッターは、各家庭にシッターが派遣されるシステムなので、比較的、時間や保育内容の融通が利くというメリットがあります。

働き方が多様な現代、早朝や夜遅くまでの保育を必要としている人も多いため、ベビーシッターが重宝されているのです。

また、教育方針にこだわりのある人にとっても、個々に対応してもらえるベビーシッターは好都合と言えます。

ベビーシッターとして働く環境はどのようになっているのでしょうか。

現在、フルタイムで勤務する人は少数派で、そのほとんどは、パートタイムというかたちや、派遣会社に登録して各家庭に派遣されるというかたちをとっています。


例えば、子育てがひと段落した人が、空いたに勤務することなども比較的しやすいのではないでしょうか。



自分の子育て経験を生かすこともできます。



ただし、人様の子どもを預かる仕事ですので、生半可な気持ちで勤まるものではありません。


責任感が大変問われる仕事です。
また、保育士や幼稚園教諭の資格を保持していたほうが、相手に与える印象も良くなり、希望する仕事が決まりやすいでしょう。

これからも安定した需要が望める、魅力的な仕事です。