ベビーシッターという職業

子供を預ける施設として一般的には保育園や幼稚園などがありますが、待機児童問題なども発生している世の中では、そういった施設は競争率が激しいのが現状です。
それゆえに保育士などだけでなくベビーシッターという職業にも注目が集まっており、需要も高まる傾向にあります。



もっともベビーシッターは保育士などと違い、必ずしも養成学校などを卒業して資格を取得する必要はありません。

それゆえに名乗るだけならば誰でも名乗ることができますが、やはり子供に関するそれなりの知識や技術が必要であり、そういった専門性が重視される仕事でもあります。

よって民間資格である認定ベビーシッター資格などを取得しておくことで専門性が身についている証明にもなるため、就職の際に有利に働いたり、お客様からの親鸞も得やすくなります。



ちなみにベビーシッターとして働く場合、大抵は派遣会社にスタッフ登録をして、そこから依頼されたお客様の家庭へ出向いて働くといった形式が一般的です。
また正社員としての登録は少なく、アルバイトもしくは派遣社員といった形で働くケースが多いといった特徴もあります。
そして需要が高まっているとはいえ、やはり働く女性が多い都市部では確かにニーズが高い傾向にありますが、地方などではあまり需要がないため、募集そのものをしているところも少ない傾向にあります。



それゆえに働く際は都市部がお勧めで、保育士や看護師などの資格も所有していると、よりアピールポイントにつながるために優遇されるケースもあります。