ベビーシッターとして働く時は資格取得を目指そう

ベビーシッターは子どもの子守りをする仕事で、日本の場合は働く際に必要となる国家資格はありません。

そのためなろうと思えば誰でも可能な職業ですが、大切な子どもを任せるということで、信頼性が重要になってきます。


そのため民間で発行している資格取得を考える、もしくは保育士資格や看護師の国家資格なども所持しておくと有利です。

流れとしては高校卒業後、保育士養成所で資格を得るか、大学や短大、専門学校で必要な内容を学び、認定資格試験に合格するといったものになります。

ベビーシッターとして働くためには個人で企業もありですが、まずは企業に入社するのが一般的です。

この時に資格なしの初心者でも採用はされますが、長く仕事を続けていくためには民間の「公益社団法人全国保育サービス協会」が制定する「認定ベビーシッター」の資格取得を目指した方がよく、あれば力になってくれます。

社内でキャリアアップを考えて、転職や企業を考えた時も有利になるのでおすすめです。



試験の合格率は90%を超えているので、それほど難しくないと言えます。

さまざまな技術が登場して、将来的にはなくなってしまう職業も多く出てきます。



しかし子供に関しては生まれないということはなく、ロボットが人間の代わりになるのはまだまだ先のことです。

それゆえベビーシッターの職は安定性が高く、自分自身のスキルと知識を確かなものとして証明するため資格取得を考えれば、働く先に困ることがありません。