ベビーシッターの仕事内容とリスク

ベビーシッターの仕事内容は、個人の家や託児所、企業などにおいて、6ヶ月から12才くらいまでの子どもの保育や世話をすることです。この職種の大きな役割は、仕事や病気などの何らかの事情で、保育ができない親の代わりに、一時的に子どもの世話をすることにあります。
近年では女性の社会進出により、人手が不足している状態なので、育児経験がある人や学習をおさめた人が多く募集されている状況です。
ベビーシッターの役目は多岐に渡り、子どもの身の回りの世話をするだけではなく、保育園などへの送迎や、日用品や食材の買い物、家の清掃、洗い物などといった家事代行を依頼されるケースが大変増えています。派遣会社に登録して、派遣やアルバイトとして、仕事をする人が多いですが、中には保育所や企業の正社員として就職する人もおり、独立開業し、自身で事業としている人もいます。



ただし、開業して働くためには、かなりの経験が必要といえますし、大きな責任とリスクが伴います。
仕事中に子どもに怪我をさせたり、お客様の家の物品を破損したケースでは、大きなトラブルに発展する可能性が高いです。

子どもを預かるというのは、命を守ることと同じなので、その重みを十分理解しなければなりません。



そのため、未経験者や経験値が低い人が、自己で開業するのは難しいと言えます。ベビーシッターとして働く時には、損害賠償保険に加入している会社を選んだ方が無難と言えるでしょう。



もちろんやりがいも多くある仕事です。

大好きな子どもと関わって収入が得られるのは、とても嬉しいことです。

子どもの成長を目の当たりにすることができるのは、この仕事の最大の魅力と言えるでしょう。